成績が上がる!京都の家庭教師を徹底比較

子供をヤル気にさせる!理想の家庭教師に出会う方法【京都編】

HOME » 家庭教師選びの要チェックポイント » 個人契約と紹介会社ではどっちがいいの?

個人契約と紹介会社ではどっちがいいの?

家庭教師を雇う方法には、大きく分けて「個人契約」を結ぶやり方と「紹介会社」を通すやり方の2種類があります。それぞれの違いやメリット・デメリットについて見てみましょう。


個人契約の家庭教師とは


個人契約の家庭教師には、知り合いなどからの紹介による家庭教師と、教師掲示板のようなサイトを利用して契約する家庭教師とがあります。どちらのタイプであっても、基本的に授業料や授業日程などは交渉次第です。


個人契約のメリット


個人契約の最大のメリットは、紹介会社に比べ、授業料を始めとしたコスト全般が割安であるということ。入会金や管理費なども請求されないケースが大半です。


また契約内容を話し合いで柔軟に決められたリ、親や生徒の判断で教師を決めることができたりする点もメリットでしょう。


個人契約のデメリット


教師の質が保証されない点、受検情報や模擬試験の情報などは自分でリサーチしなければならない点などが、個人契約のデメリット。成績が伸びない等のトラブルについても、家庭教師と契約者との間で直接解決を図らなければならない点もデメリットでしょう。


紹介会社を経由した家庭教師とは


紹介会社とは、いわゆる家庭教師センターのこと。家庭教師センターを仲介する形で、同センターに登録している家庭教師を派遣してもらう形となります。個人契約に比べてやや授業料が割高になる傾向がありますが、その分、メリットの多い契約形態でもあります。


紹介会社経由のメリット


教師の質がある程度担保されている点、受検情報や指導ノウハウが蓄積されている点などが紹介会社を経由した場合のメリット。トラブルが生じた際に会社が責任を持って対応してくれる点もメリットと言えるでしょう。


紹介会社経由のデメリット


個人契約に比べ、授業料を始めとしたコスト全般が割高となる点が最大のデメリット。紹介会社によっても料金が大きく異なることを覚えておきましょう。また、紹介会社によって教師の管理体制、生徒へのフォロー体制などもかなり異なります。

 
このページの上部へ ▲
成績が上がる!京都の家庭教師を徹底比較