成績が上がる!京都の家庭教師を徹底比較

子供をヤル気にさせる!理想の家庭教師に出会う方法【京都編】

HOME » 家庭教師選びの要チェックポイント » 料金設定は適切か

料金設定は適切か

家庭教師の料金について、教材販売などの悪質業者にまどわされないための判断基準をご紹介します。

ホームページでの料金公開は大前提

家庭教師センターの料金体系は会社によって様々です。なかには常識では考えられないようなひどいシステムもあるので注意が必要です。

家庭教師センターのホームページでは詳細な料金が提示されていないケースや、「から」や「~」という表記の漠然としたケースがあります。講師のレベルや時間によって料金が異なる為だとは思いますが、いずれにせよ不明瞭であることには変わりありません。

電話で問い合わせると営業マンの勧誘に負けてしまう場合もあるので、まずは資料請求してじっくり検討することをお勧めします。

教材販売の抱き合わせには注意

教材を販売している会社が行っている家庭教師派遣の中には、教材を売ることが目的で家庭教師の指導には力を入れていないこともあります。このような教材は一般的に質の高いものは少なく、値段も高額設定されていることも。

電話勧誘の場合は、小学校6年~中1が対象になるケースが多く、中学3年間分の教材を一度に買わせるそうです。家庭教師の紹介を利用する商法で、全国の消費者センターにも多くの苦情が寄せられています。

授業料の多額請求はないか

料金の支払いについても確認が必要です。一括して授業料をおさめるローン型タイプは、カード会社や割賦販売業者経由で料金が回収できるので、そのとのサポートはお粗末になるケースもあります。

また、入会金や月謝以外に、教師選抜費、調査費、受験対策費などさまざまな名目で多額の請求を行っている場合もあります。月謝以外にかかる費用はないか、あるとすればどの時期にいくらかかるのかも事前に確認しておきましょう。

 
このページの上部へ ▲
成績が上がる!京都の家庭教師を徹底比較